スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- - スポンサー広告 ] Permalink | TrackBack(-) | Comment(-)
Ads by Amazon
撮影後にピントを合わせられるカメラ
デジタルならではの、目から鱗的発想のカメラです。

[WIRED NEWS] 撮影後にピントを合わせ直す新しいカメラ技術

<引用>
 スタンフォード大学の博士課程でコンピューター科学を学ぶレン・イング氏は、16メガピクセルのカメラに複数の超小型レンズを取りつけた。このカメラを使えば、写真を撮影した後、同じくイング氏が作ったソフトウェアを用いて、コンピューター上で写真のピントを変更できる。


要するに、1回のシャッタで全てのピントのパターンの情報を取得しておき、あとでその画像をソフトで開いて好きな場所のピントのデータを取り出す、という仕組みですね。

デジカメもいよいよ新境地?!まあ写真家にとっては撮影の面白さが無くなってしまい面白くないとは思うのですが(笑)、技術としては非常に素晴らしい発想だと思います。

 ・コストが非常に高くなる(超小型レンズは9万個も必要!)
 ・撮影画像(ピント合わせる前)のファイルサイズが非常に大きくなる

ということが考えられますが、是非どこかの会社に商品化してもらいたいものです。上の記事にも載っていますが、防犯カメラへの利用やカメラの小型化(ピント合わせ用モータ等の可動部分が不要な為)なども期待できますね。

(参考URL:スタンフォード大学 "Light Field Camera"のサイト)
概要
論文PDF
サンプル(画像をクリックするとピント変化の動画が再生されます)
[2005/12/02 23:44 - デジタル・ネット関連 ] Permalink | TrackBacks(0) | Comments(0)
Ads by Amazon
≪お汁粉 | HOME | 赤≫
コメント
コメントの投稿








トラックバック URL
http://fussaki.blog13.fc2.com/tb.php/97-8f0e1434
| HOME |
※Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。