スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- - スポンサー広告 ] Permalink | TrackBack(-) | Comment(-)
Ads by Amazon
さよなら、技術のソニー
SONY BMGのウィルス入りCD問題ですが、当初1週間以上も無視を決め込んでいた日本のマスコミも、さすがに少しずつ庇いきれなくなってきたようです。(こんなに重大なニュースなのに、日本でのTV報道は現状フジテレビだけ...)

[CNET] FAQ:ソニーBMG製「rootkit」CD問題のおさらい
[ITmedia] SONY BMGのXCPにオープンソースソフト盗用の指摘
[YOMIURI ONLINE] 米テキサス州がソニーBMG提訴、ウイルス侵入の欠陥
[INTERNET Watch] Amazon.co.jpがSONY BMGの「XCP」採用CD購入者に全額返金
[NIKKEI NET] SMEとBMGジャパン、複製防止音楽CDの回収開始


実は私、昔はソニー大好きだったのです。ウォークマンはもちろんのこと、"ドデカホーン"という当時かなりかっこよかったラジカセを親に買ってもらい本当に嬉しかったのを憶えてます。当時から、いわゆるソニータイマーはあったようには思うのですが、なんというかそんなこと気にならなくなるワクワク感、みたいなものがありました。

いつからでしょう、ソニーに失望し始めたのは・・・?

AIBOやVAIOの頃はともかく、やはり客を泥棒扱いするCCCDの採用あたりがきっかけでしょうか。さらにiPodのヒット&iTMSが始まってからは日本上陸を必死で妨害しつつ似たような製品乱発、iTMS-Japanが開始してもSMEの楽曲は提供せず、さらに意地ばかり張って相変わらずピントのずれた"Walkman A"を発表・・・。

 ・ユーザのほうを全く見ていない自己満足製品ばかりを粗製濫造
 ・本業ではない"著作権"ビジネスに手を出しすぎて身動きがとれない
 ・優秀な技術者離れによるソニー自身の技術力低下

結局、これら全てが絡み合って悪循環のスパイラルに陥ってしまったのが原因のような気がします。最後の砦PS3も厳しそうだし、正直もうどうしようもないんじゃないでしょうかね?さよならソニーさん、今までありがとう。

(参考URL)
[nikkeibp] ウィルス入りCD問題が起きた背景と経緯について
[AV Watch] 11/19に発売されたWalkman A(に付属のソフト)について

(追記:TrackBack先) [Dolcissima mia vita] 技術のソニー
Cantaさんの記事。昔は憧れの存在だったソニー、今となってはどうでもいい存在・・・。多くの人に10年以上こんな風に思われていることに微塵も気付かない会社は、こうなってしまう運命なんでしょうね。
[2005/11/25 23:55 - デジタル・ネット関連 ] Permalink | TrackBacks(1) | Comments(6)
Ads by Amazon
≪小惑星探査機「はやぶさ」の着陸実況ブログ | HOME | マリオとルイージ≫
コメント
「がっかりさせるなよ!」と、飲みながらで言いたいですね。(笑)
[2005/11/25 06:20] URL | Canta [編集]
まあ実際飲みながらWEB見てるうちに腹立たしくなってきて書いた文章なのですが(笑)。あの会社はもう"ソニー"ではないのでしょう、寂しい話ですが。
[2005/11/25 18:55] URL | ふっさき [編集]
こんにちは!ご無沙汰してます(^^v
レンタルCDすら利用しなくなったワタクシですが・・・。(購入もほとんどしなくなりましたが)

今回の騒ぎなんですが・・・sony、ちょっと張り切りすぎましたね。慎重になるべきだったといわざるを得ない感じですが、正直焦っていたのでしょう。ワタクシPC以外はsony派なんです。
これに反省して、本来のsony精神をもう一度蘇らせて欲しいものですね。多少高くたって、sonyタイマーが働く事が分かっていたって欲しくなるデザイン・機能性・性能!
ディスクマンはきれいに1年で動かなくなりましたねえ・・・・周りのvaioユーザーで、修理に出した事が無い人はいません。

しかしまあ、著作権というのはなかなか大事なので、今後も色々もめると思いますが、一つにはもはやCDは今のご時世に合わないメデイアになってきているのでしょうね。とは故、音楽を聴く人が全員インターネットをやっているわけも無く、ダウンロード販売のみになる事は無いでしょうが。
もうひとつ、音楽が産業としてあまりにも発展してしまったということ。
ボクの思う音楽って言うのは、なんというか、そんな大もうけするようなモノではないと思うのですが・・・もちろん苦労に見合うものは得なければならないとは思いますが、あまりにもみんな夢を見すぎじゃないですかね?
もっと本質で勝負してほしいです。そうすれば、今の枯れ始めた音楽シーンももうちょっと生き生きとしてくるんじゃないかなあ・・・

そんなに不正コピーを気にするなら、ラジオとライブだけで儲けやがれ!ってな感じですよ。

大体、これだけパクリ&カバーものが多くなっちゃうと、曲自体が不正コピーなんじゃないの!?とちょっと腹立ってきたりもします!!

話がずれてきてしまったのでこの辺で。
[2005/11/27 15:20] URL | くさ [編集]
くささん、コメント有り難うございます。

ソニーだけに限らないですが、こと著作権に関しては何でもかんでも「禁止」の方向に持っていってしまうのが敗因ですよね。何故「PCで聞く人に対しては、違法コピーする気も起きないような CDに代わる新たな方向性を提案」しようという発想ができないのでしょうね。

海外はよく分かりませんが、少なくとも日本の「音楽産業」というのは、もはや本当にただの「産業」なんだなあと感じます。結局「産業」としての利益を維持しようとしすぎるがために、こんな風に行き過ぎてしまうんですよ。この間のiPod課税のパブリックコメントを書いてて、「なんでこんな当然のことをわざわざ教えてやらないといけないんだろう?」と思ったものです。

だいたい、産業であるのならば なおさら顧客の事を一番に考えないといけないはずです。その当然のことすらできず「ユーザの資産であるOSの一部を勝手に改ざん」までして利益だけ追求してしまう企業には、偉そうに著作権を保護しているふりをしないでほしいものです。

「曲自体が不正コピー」いい表現です(笑)ホント「著作権を保護するために、音楽の一切の録音は禁止する。ライブなどの生演奏のみ許可」とかすれば、不正コピーもされないし音楽の原点に返ることもできるし、一石二鳥じゃないでしょうかね(笑)
[2005/11/28 00:52] URL | ふっさき [編集]
全く救いようのない会社ですね!
[2008/10/03 22:49] URL | はかどらず [編集]
すみません、埋もれてしまってましたm(_ _)m

ソニーには完全にあきらめてしまいチェックもしなくなってしまいましたが、相変わらずiTSに音源提供してないのでしょうかね?
[2008/10/21 23:32] URL | ふっさき [編集]
コメントの投稿








トラックバック URL
http://fussaki.blog13.fc2.com/tb.php/94-f6076754
一般ユーザに制限を加えることへの代償(SONY BMG「XCP rootkit問題」)
SONY BMGの『XCP』採用CDに、『rootkit』が入っていたという問題が波紋を呼んでいます。 http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20051102301.html 同社から発売のCDにコピープロテクトをかける目的で採用した、要するに『コピーコントロールCD』なわけなのです メタマニア式★ググっとくるキーワードブログ(メタブロ)[2005/11/26 22:45]
| HOME |
※Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。