スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- - スポンサー広告 ] Permalink | TrackBack(-) | Comment(-)
Ads by Amazon
禁煙123日目「COPD検査」


以前の記事のコメント欄でTSUNOさん・じぇりいさんに教えていただいた、COPD検査を受けてきました。聞いていた通り、スパイロメーターにぷは~と息を吐く検査でした。

会社の健康診断のオプションにあったので自主的に自腹で受けてきたのですが、結果は上の画像の通り基準値以上で「異常はありません」でした!あーよかった!

・・・というわけで、私のタバコ怖い怖い病もとりあえず一段落、といったところでしょうか(笑)
[2005/11/17 00:07 - 禁煙 ] Permalink | TrackBacks(0) | Comments(4)
Ads by Amazon
≪いい表情してます。 | HOME | 出張帰り3(完結編)≫
コメント
おぉ! まずは一安心ですね~
ところで,グラフみたいなものが印刷されていませんでしたか?
[2005/11/17 23:16] URL | TSUNO [編集]
お疲れさまでした、値の上ではおっけーですね。
肺活量と努力性肺活量の差があるので、努力性肺活量は最後まで吐ききってないのかもしれません(普通は肺活量 > 努力性肺活量ですが差はそんなに大きくない)。
えっ?!と思われるかもしれませんが、努力性肺活量の1秒率がちゃんと計れていれば、肺機能を調べる上では問題ないと思います。
一気にフーッと吐くときの、極端にいえば「速さ」を計っていて、経験的に健康な方なら1秒率はおおむね80%台だと思います。むしろ90%だと速さのピークが後ろにずれている事が多く(=吐きはじめがあまり速くない)、まるで拷問のようですが、もっと頑張ってもらいます(笑)。

> TSUNOさん
患者様ご本人にお渡しする結果には、グラフはついてないと思いますよ。大体健診結果は値と結果・評価だけで、二次健診精査にみえる方の持参健診結果は、心電図異常で引っかかったけれど、どういう心電図異常だったのか不明なんて事はしょっちゅうです(笑)。
[2005/11/18 00:28] URL | じぇりい [編集]
訂正
てっきり努力性肺活量だろうと思ってた値が、よく見ると1秒量だったので、これならあんまり差はないですね。失礼しました~。
[2005/11/18 00:30] URL | じぇりい [編集]
TSUNOさん、じぇりいさん、有り難うございます。なるほどなるほど、検査結果の判断の仕組みがよく分かりました!

グラフですが、検査の時にうねうね動いてるのを見ただけですね~。「もっと頑張って吐いて!」などと言われるかと思いきや、健康診断のひとつとして受けたためか やたらスピーディーに一発で検査が終わりました・・(*^-^;)
[2005/11/18 19:13] URL | ふっさき [編集]
コメントの投稿








トラックバック URL
http://fussaki.blog13.fc2.com/tb.php/90-e89ddad4
| HOME |
※Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。