スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- - スポンサー広告 ] Permalink | TrackBack(-) | Comment(-)
Ads by Amazon
「感触」のあるタッチパネルというUI設計
NTTドコモと三菱電機が「2画面ユニバーサルデザイン携帯」を共同開発しているそうです。これは折り畳み型携帯のキーパッド部分の代わりにタッチパネル液晶を採用したもので、ユーザに合わせた表示を行うことによって入力方法を変化させられるのが特徴だということです。

その中で、1点感心したのが以下の内容です。

[ITmedia]“使いやすさ”と“かっこよさ”の両立を目指す──「2画面携帯」が生まれるまで

<抜粋>
 タッチパネルは、クリック感がないという先入観で見られがちだと冨森氏。そのため2画面携帯のタッチパネルには専用の振動デバイスを入れ、画面に触れるとボタンを押したような反応が返る仕組みを組み込んだ。

 「できるだけ押した部分だけが振動するよう細かなチューニングを重ねている。構造面のいろいろなノウハウがないと、ここまで振動しない」(冨森氏)


タッチパネル液晶は銀行のATM等でもおなじみですが、皆さんご存知の通り押しても「ポチッ」という感触がない為いまいちですよね。押した「感触」がないので、ついグイグイ押してしまうものです。

この振動するタッチパネルは その欠点を克服する設計ということで、UI(User Interface)として なかなかよく考えられているなあ、と思います。実際に使ってみないと感触は分かりませんが、本当にユーザのことを考えた「デザインへのこだわり」とはこういうものなのではないでしょうか。ちょっとした気配りで使用感が大きく変わる、ということですね。

(iPodのクリックホイールが当初の実際にクルクル回る機械式センサからタッチセンサに変わった際、コチコチコチとクリック音を鳴らすようになったのも、これと似ているように思います)

参考URL:http://xooxoo.wablog.com/555.html
[2005/10/09 20:39 - デジタル・ネット関連 ] Permalink | TrackBacks(1) | Comments(0)
Ads by Amazon
≪FRISK型ディジタルオーディオプレイヤー | HOME | PCからiPodへのコピーをできなくすれば問題は解決する ...(゚Д゚)ハァ?≫
コメント
コメントの投稿








トラックバック URL
http://fussaki.blog13.fc2.com/tb.php/70-944ee9ad
ドコモの2画面携帯試作機
ドコモが三菱電機と共同開発した試作機。 なんと、両方とも画面ですよ。 従来のようなテンキーはありません。 従来のテンキーはタッチパネルに置き換えられています。 PCで言うソフトウェアキーボードですね。おもしろい。 今までこういったものはあちらこちらではアイ xooxoo[2005/10/09 21:46]
| HOME |
※Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。