スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- - スポンサー広告 ] Permalink | TrackBack(-) | Comment(-)
Ads by Amazon
20.5光年先を夢見て
ちょっと前ですが、「20.5光年先に地球と同じような惑星が存在するかも」というニュースがあったのをご存知でしょうか。

[IBTimes] 太陽系外に新惑星ー生命体存在する可能性も

<抜粋> 24日、チリのLa Sillaにある欧州南天天文台で太陽系外に地球と同じような性質をもつ惑星が発見された。発見された惑星は地球と同様の表面温度をもち、地球以外で生命体を有する惑星として大いに期待できるという。発見された惑星の表面温度から、液体としての水が存在する可能性があるという。


まあ今のところこのような星が見つかったところで行けるわけではないのですが、この惑星に向けてメッセージを集中的に送りまくれば、41年後には返事が来るかも?!(この星に既に我々と同等以上の文明があり、かつ滅びてなければの話ですが・・・)。まあ現実的かどうかはさておき、なかなか夢が膨らむ話です。

さて、一年に一度ぐらいは無性にSF小説が読みたいブームが来る私、早速本屋で見繕って買ってきたのがこの本「タウ・ゼロ(ポール・アンダースン著)」です。

簡単に言うと、32光年先の惑星に向かって亜高速飛行を行う宇宙船が途中で故障して減速できなくなってしまった!このままどこまでも加速を続け飛び続けるしかないのか?!というお話。当時の最新宇宙論&科学技術に基づいた細かい描写、後半にかけて畳み掛けるようにスケールが大きくなる展開、まさにハードSFの王道!70年代の作品なのに全然古さを感じず、連休終わりの現実逃避も兼ねて(笑) ぐいぐい引き込まれて一気に読んでしまいました。

SF好きではありますがヘビーに読むほどではない私にとっては、このドキドキ感はホーガンの「星を継ぐもの」を読んだとき以来でしょうか。同じような方にはおすすめです。いやあ、SFって、本当にいいもんですね。それでは、また明日から仕事頑張りましょう(水野晴郎)。
[2007/05/06 23:35 - サイエンス ] Permalink | TrackBacks(0) | Comments(3)
Ads by Amazon
≪ビリーズ・ブートキャンプ - 入隊間近 | HOME | 吾郎さん≫
コメント
読みましたよー(^^
似非?天体好きとしては、夢が膨らみます。中心の恒星(地球から見た太陽)との距離は地球と太陽より近いものの、もっと年をとった星のようで、結果表面温度が地球に近いってことらしいですね。あまねく存在する星の中で、偶然にせよ地球と同じような環境の惑星ってあるんじゃない?って昔から思ってたことがあっただけに、すこーし現実味が出てきたって感じがしました(^o^)/

もっとも近い恒星でも4.3光年くらいあるから、僕らが生きているうちに他の恒星に存在する文明とめぐり合える可能性ってごくわずかだろうけど、相手の文明が地球より進んでて、かつ、侵略でなくて深めるためにアプローチとかしてくれたら、うれしいですね(^^)
[2007/05/07 02:36] URL | とかとか [編集]
「タウ・ゼロ(ポール・アンダースン著)」
読んでみたいと思います!

1990年代前半まで、天文学の世界では、太陽系外惑星など見つかりそうにないような雰囲気でしたが、いまや200個をこえる数見つかっています。おどろきおどろき!
(参考)
http://astro.ysc.go.jp/index3.html#Gl-581c

[2007/05/07 21:01] URL | ようしろう [編集]
>とかとかさん
そう。少しでも現実味が出てきたのがうれしいですよね(といっても20.5光年ですが…)。ここの太陽は赤色矮星ということですので、我々人類の新たなフロンティアとしてはこの581Cは少々古い惑星なのかもしれませんが、古いだけに進化した生命がいるかも?!

しかしSF読んでてよく思うのが、宇宙からの侵略者は非常に悪者になるのに地球人の移民は大冒険になってしまうことです。どちらも侵略なのにね~(笑)

>ようしろうさん
はじめまして!タウ・ゼロですが、恒星間ラムジェット「バサードエンジン」の描写と亜高速移動時の物理学的解説がこれぞハードSF!という感じで素晴らしいです。是非読んでみて下さいね。

横浜こども科学館のサイト、見せていただきました。こうやって見ると地球サイズの惑星だなあと実感できますね。200個の惑星、今こそSETIの出番なのかもしれません。

「月からの手紙」、またゆっくり読ませていただきます(^-^)
[2007/05/07 23:27] URL | ふっさき [編集]
コメントの投稿








トラックバック URL
http://fussaki.blog13.fc2.com/tb.php/334-9f08a959
| HOME |
※Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。