スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- - スポンサー広告 ] Permalink | TrackBack(-) | Comment(-)
Ads by Amazon
行ってらっしゃい、ボイジャー1号
ちょっと前のニュースですが、2chで偶然見つけました。

[日本惑星協会] 太陽系の果てに到達したボイジャー1号

<抜粋>NASAは8月15日、ボイジャー1号は米太平洋時間同日午後2時13分(日本時間8月16日午前6時13分)に、太陽から100天文単位(1天文単位=約1.5億km)離れたヘリオシース(Helioseath)と呼ばれる太陽系の果てに到達したことを明らかにした。


パイオニア10号,11号やボイジャー1号,2号には、まだ見ぬ宇宙人への地球人からのメッセージが託された金属板やレコードが搭載されています。子供の頃、NHK特集でこの話を聞いたときは壮大な話に胸を躍らせたものですが、そのボイジャーがついに太陽系の果てに到達。なんか感慨深いですね。カール・セーガン氏も天国で喜んでいるだろうなあ。

何万年か先、もし人類が滅びていたとしてもボイジャーは黙々と宇宙を旅している・・・。ボイジャーやパイオニアは、人類が確かに存在していた証の一つになるのかもしれません。

(参考1)[Wikipedia] http://ja.wikipedia.org/wiki/ボイジャー計画
↑リンクを貼ると化けるのでコピペで。

(参考2)[YouTube] Family photograph in solar system
↑ボイジャー最後の写真だそうです。泣けます。
[2006/09/04 01:52 - サイエンス ] Permalink | TrackBacks(2) | Comments(2)
Ads by Amazon
≪赤くなりました | HOME | やっと買いました!≫
コメント
紹介の記事にもありますが、まだまだ電池が持ちそうなので、また何か新しい発見があるかもしれませんね。
>ボイジャー最後の写真
私も寂しくなりました。
明確に「さようなら」と言ってるみたいで。
[2006/09/05 06:08] URL | TK [編集]
最後に一度振り返り、母なる太陽系の家族写真撮影。「さようなら」ではあまりに寂しいので、このエントリでは「行ってらっしゃい」としました・・・。

あと15年ぐらいは通信できるみたいなので、最後まで頑張って欲しいですね。
[2006/09/05 19:05] URL | ふっさき [編集]
コメントの投稿








トラックバック URL
http://fussaki.blog13.fc2.com/tb.php/246-f06a3d0f
ボイジャー1号が太陽系の果てへ
太陽系の果てに到達したボイジャー1号NASAは8月15日、ボイジャー1号は米太平洋時間同日午後2時13分(日本時間8月16日午前6時13分)に、太陽から100天文単位(1天文単位=約1.5億km)離れたヘリオシース(Helioseath)と呼ばれる太陽系の果てに到達したことを明らかにした... Prophetの小部屋[2006/09/04 08:00]
【ボイジャー計画】とは
ボイジャー計画ボイジャー、ヴォイジャー (Voyager) は、アメリカ航空宇宙局(NASA)が1977年に打ち上げた無人惑星探査機。重量721.9kg。2機が打ち上げられた。2機とも仕様はほぼ同じであるが、2号のほうが容量の大きい電源を搭載している。.wikilis{font-size:10px; 宇宙へ![2007/02/09 01:00]
| HOME |
※Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。